玉城 絵美 (チーフリサーチャー)

玉城近影S玉城絵美(Emi Tamaki)
H2L創業者/博士/JSTさきがけ研究員/早稲田大学助教
[来歴]
VR(Virtual Reality)とAR(Augmented Reality)内でのコンピュータからヒトに触感や身体感覚を伝達する研究とその普及を目指している.
2009年 東京大学エッジキャピタル(UTEC)にてシーズ探索インターン,
2010年 Disney Research Pittsburghにて研究に従事する.
2011年 コンピュータがヒトに手の動作を制御する装置PossessedHandを発表し,多数の学会で注目される.PossessedHandは,CNNやABCで報道され,米Time誌が選ぶ50の発明に選出される.同年,東京大学大学院にて博士号取得し,東京大学 総長賞受賞と同時に総代をつとめる.研究用装置を研究者に提供し消費者へ共有するため,2012年にH2L, Incを創業した.
2013年 早稲田大学に移籍し,研究活動を再開した.
2015年日経ウーマン ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞を受賞,同年,KickStarterにてVRゲームのキャラクターになりきってゲーム内の物体の触感を感じるためのデバイスUnlimitedHandを発表