カテゴリー
5G News press lerease イベント 展示 展示会

【プレスリリース】H2LとNTTドコモの共同開発、
水の抵抗感や揺れを遠隔で体感できる
カヤックロボットが2019 国際ロボット展で公開

体の動きを伝達するBodySharing®技術と5Gを融合した遠隔操作ロボットの一例として,観光体験のカヤックロボットが動態展示されます。

[プレスリリースキットはこちら]
H2L 株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、2019年12月18日(水)〜21日(土)に東京ビックサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展いたします。H2Lが保有するBodySharing®技術と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘、以下ドコモ)による次世代の移動通信方式5G(以下5G)を用いた、遠隔操作のカヤックロボットが動態展示されます。
本展示は、2020年春にドコモが商用化をめざす5Gでの高速・低遅延な通信環境下でのロボット利用を想定し、観光産業、建設現場での遠隔重機操作や、上半身のリモートワークの応用を想定しています(※1)。

■BodySharing®技術によるカヤックロボット操作の様子
“カヤック観光体験をBodySharing技術で提供”

■ドコモと共同開発中の遠隔操作カヤックロボットを展示

遠隔操作カヤックロボット
2019国際ロボット展H2L展示の様子

H2Lは、視覚や聴覚だけでなく、触覚を含む身体感覚を伝達する技術BodySharing®に強みを持っています。BodySharing®技術は、離れた場所にあるロボットや他者と、遠隔地から身体の動きを共有することを目的とした技術です。

今回の展示では、ドコモとH2Lで共同開発を行なっている遠隔操作カヤックロボットをブース内のプールで実際に動かし、遠隔地での5Gを通じたカヤックロボットの動き連動を想定した動態展示です。

ユーザは,ブース内に設置された操縦機によりカヤックロボットを動かします。
操縦機を通じ、ユーザは操作するパドルが水面をかく重さや、モーションプラットフォーム(※2)によりカヤックロボットの揺れを体感し、リアルな遠隔操作ロボットの体感を体験することができます。
また、カヤックに搭載された人間の上半身となるトルソロボット(※3)に搭載されたカメラと、VRゴーグルの視界をユーザと共有することで、ユーザはカヤックロボットの操作だけではなく、カヤックロボットからの視界連動も体感することができます。

遠隔操作カヤックロボットと操縦機のパドルの水の抵抗感と筐体の動き(揺れ)が連動

 

※1 観光産業に関する実証を総務省からNTTドコモが実施主体として請け負った
令和元年度
 「屋外において複数基地局、複数端末の環境下で平均4-8Gbpsの超高速通信を
可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」
として実施予定です。
※2 座面振動により体に伝わる動きや衝撃を身体に与えることができる装置
※3 川渕機械技術研究所による、イスに座った人間の視線に同期する、
5自由度または6自由度のカメラロボット(後述詳細参照)

■BodySharing®︎について
“BodySharing®︎ (体験共有)”とは、キャラクターの身体、ロボットの身体や、人の身体と、ユーザの様々な感覚を相互共有することです。ここでいう感覚とは、視覚や聴覚だけでなく、身体の位置覚、重量覚や抵抗覚など様々な感覚です。
近年、“BodySharing®︎”に統括される多種多様なテクノロジーが研究されており、リモートワークシステムやテレイグジスタンスなどもBodySharing®︎の事例です。
“BodySharing®︎”の特徴は、一方向だけの操作ではなく双方向の情報共有にあります。例えば、人とロボットが双方で物品運搬の協調作業をしたり、遠隔地の人と人とが貴重な体験を身体的にも共有したりします。さらに、これまでにできなかった身体感覚を1人あるいは2人以上で共有することも研究されています。
H2L株式会社は“BodySharing®︎”の研究開発成果を応用し、手や腕の位置覚や重量覚を光学式筋変位センサーによって推定する“FirstVR”や、センシングに加えて電気刺激によって固有感覚を提示する“UnlimitedHand”などのハードウェアを提案し、同時にそれに付随する多数のソフトウェアを展開しています。

[関連ニュース]
H2Lとドコモ、「BodySharing技術」と5Gを活用した新サービスの創出に向け連携


■「トルソロボット」,「人型ロボットハンド+アーム」について

●トルソロボットについて
イスに座った人間の視線に同期する、5自由度または6自由度のカメラロボットです。人間の代わりに,移動体へ手軽に座らせることができます。振動対策や屋外利用がオプション可能です。
●人型ロボットハンド+アームについて

人間と同じ外観と大きさの中に、ハンド部で14〜16自由度、アーム部で7自由度を実装しています。
さらに、人間と同等の機敏な運動を実現しており、運動制御の研究用ロボットや、コミュニケーション用ロボットとして最適な製品です。


参考: 川渕機械技術研究所 http://www.kawabuchi-lab.com/

[関連ニュース]
H2LのBodySharing技術とロボットアームを連携させた“BodySharing Robotics”を開始。法人向けSDKを提供開始。


■2019国際ロボット展のH2Lブースについて


[期間]
2019年12月18日(水)〜21日(土) 10:00~17:00
[場所]
東京ビックサイト
[H2Lブース位置]
東京ビックサイト南館 ホール4 S4-01
https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

[お問い合わせ先]
info@h2l.jp

[H2L株式会社について]
 
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明2011年」に選出された発明、PossessedHand® と、触感型ゲームコントローラUnlimitedHand®、スマ ートフォンで気軽にジェスチャ付きVR 体験ができるFirstVR® を主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と、多電極の電気刺激を腕に与えて触感を伝える2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp