Technology

Expanding the way human bodies interact with the connected digital environment

What is BodySharing?
BodySharing is a system for creating out of body experiences. We accomplish this by logging human movement through patented muscle displacement sensors, and transmitting this data in real-time to virtual avatars, robots or even other humans for various applications.

世界初筋変位センサー
世界初の筋変位センサー技術を搭載したコントローラーとHMDのセットデバイスであるFirstVRを発表しました。筋変位センサー搭載コントローラーは、14チャンネルの光学筋変位センサー(Optical Active Sensing)を内蔵し、腕や手の筋肉の動きを検出します。それにより、自らの腕や手の動きでVR空間を自在に操作することができ、今までにないVR体験を体感することが可能です。
電気刺激による人体制御
「PossessedHand(ポゼストハンド)」は、28個の電極を使った14チャンネルの機能的電気刺激キットです。電気刺激に使用する電極パッドの位置、電気刺激の大きさについて全てのパターンの刺激を与えることで、簡単なクリック操作で適切なパッドの位置と電気刺激の大きさが生成され、望みの指を動かすことができます。

アプリケーション:遠隔観光
この技術を使うことで、あなたは世界中の川でカヤックを漕ぐことができます。装置が人の動きをリアルタイムに取得し伝達することで、遠隔地のカヤックのパドルの操作が可能となります。

FaceSharing
The human form has a presence that is irreplaceable by screens. This technology allows humans to borrow each other’s faces temporarily for remote communication while maintaining one’s own facial features.

アプリケーション:HoloD(ホロディ)
パソコンでのリモートワークは、オフィスだとできる円滑なやり取りや助け合いを損ないます。 この装置を用いることで、リモートワーカーとその同僚は、実際にオフィスに存在しているかのように、隣に並び、ディスカッションや会話をすることができます。