玉城 絵美

玉城 絵美

チーフリサーチャー

Profile

玉城絵美(Emi Tamaki)
H2L創業者/博士/JSTさきがけ研究員/早稲田大学准教授
[来歴]
VR(Virtual Reality)とAR(Augmented Reality)内でのコンピュータからヒトに触感や身体感覚を伝達するBodySharingの研究とその普及を目指している.
2009年 東京大学エッジキャピタル(UTEC)にてシーズ探索インターン
2010年 Disney Research Pittsburghにて研究に従事する.
2011年 コンピュータがヒトに手の動作を制御する装置PossessedHandを発表し,多数の学会で注目される.
PossessedHandは,CNNやABCで報道され,米Time誌が選ぶ50の発明に選出される.同年,東京大学大学院にて博士号取得し,東京大学 総長賞受賞と同時に総代をつとめる.
研究用装置を研究者に提供し消費者へ共有するため,2012年にH2L,Inc.を創業した.2013年 早稲田大学に移籍し,研究活動も継続する.
2015年,KickStarterにて世界初触感型ゲームコントローラUnlimitedHandを発表し22時間で目標達成.
同年,日経ウーマン ウーマンオブザイヤー準大賞受賞.
2016年 WIRED Audi Innovation Award 2016,日経ビジネス 次代をつくる100人,科学技術・学術政策研究所 (NISTEP) ナイスステップな研究者(科学技術への顕著)賞 受賞.
同年から内閣府 総合科学技術・イノベーション会議, 科学技術イノベーション政策推進専門調査会にて第5期科学技術基本計画の総合戦略に関する委員を務める.
2017年 外務省 WINDS(女性の理系キャリア促進のためのイニシアティブ)大使 に任命,H2L, Inc.