Blog

H2L Inc. Blog

[プレスリリース] スタートアップ H2L、透過ホログラムとして出勤できるリモートワークシステムHoloD(ホロディ)を発表

[プレスリリースキットはこちら] スタートアップ H2L、透過ホログラムとして出勤できるリモートワークシステムHoloD(ホロディ)を発表 H2L,Incが、ホログラムと身体情報の伝達技術を応用したリモートワークシステムHoloD(ホロディ)とその申し込み受付を発表しました。 HoloD(ホロディ)は、映像と体の動きを透過ホログラムで職場...

「ポストコロナ社会を構築する」ベンチャーに選出されました

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会による、「ポストコロナ社会を構築する」ベンチャーに選出されました。   関連リンク: 我が国ベンチャーエコシステムが新型コロナウイルス危機を乗り越えるための措置に関して(コロナと戦うベンチャーリスト公開) https://jvca.jp/news/17119.html

日経エレクトロニクス 掲載

4月20日発行の「日経エレクトロニクス」5月号のBreakthrough特集にて、遠隔操作カヤックロボットと、リモートワークの実現構想について取り上げていただきました。 日経エレクトロニクス 2020年5月号 Breakthrough 特集 アバターで「瞬間移動」 ~東京に住み、ニューヨークで働き、ロンドンで学ぶ〜 「人手不足解消で導入進...

雑誌『WIRED』日本版 VOL.36(3/13発売)最新号に玉城記事掲載

雑誌『WIRED』日本版 VOL.36(3/13発売)最新号「FUTURES LITERACY 2020年代の必須科目30」特集にて、玉城が情報学を紹介しています。 また「2020年代の基礎教養20」のWEB版も公開されています。 ぜひ、雑誌とWEBをご覧ください。

「WIRED日本版ウェブサイト」に玉城記事掲載

3月16日にWIRED日本版ウェブサイトにて、 弊社創業者、玉城絵美のインタビュー記事を掲載していただきました。 5Gは、わたしたちが思っている以上に社会を変える──工学者・玉城絵美が語る、ドコモ5Gが可能にすること 5Gで変化する「仕事」、「観光」、「エンターテイメント」などについて掲載されています。 ぜひご覧ください。

BodySharing®技術を活用した「遠隔操作カヤックロボット」、約700km離れた遠隔地への観光体験提供に成功

~VR映像とオールを漕ぐ重さの感覚などの再現でリアルな遠隔カヤック体験を提供~ BodySharing® 技術の応用例である「遠隔操作カヤックロボット(※1)」を活用し、 2020年2月29日(土)に約700km離れた沖縄県と宮崎県でのBodySharing®(※2)に成功しました。 H2Lは、視覚や聴覚だけでなく、触覚を含む身体感覚を伝...

H2LのBodySharing®技術を活用したサービスを3社が発表。商用化を目指しDOCOMO Open House2020にて動態展示。

「BodySharing×5G アイデアコンテスト」から生まれた3社のサービスやソリューションを動態展示。 5GとBodySharing®技術を活用しビジネス化を目指す。 [プレスリリースキットはこちら] H2L 株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)が研究開発を進めているBodySharing®技術と、株...

【プレスリリース】家を仕事場にする「ポータル」開発へ ジブンハウスとH2L

家に設置で、通勤時間ゼロを実現。東京一極集中解消の切り札に [プレスリリースキットはこちら] ARやVR等のテクノロジーを用いた家づくりを通じて、多様なライフスタイルを提供する株式会社ジブンハウスは、身体情報を相互共有する BodySharing®(体験共有)技術を研究・開発するH2L株式会社とともに、リモートワークの「空間」をまるごと提...
1 2 3 23